未分類」カテゴリーアーカイブ

楽器奏者向け講座2017年秋♪終了

姿勢が変わるとが変わる! 楽器奏者のための 立つ・座る・構える
と題して、アレクサンダー・テクニーク入門講座を11月23日と12月10日の2回、渋谷にて開催しました。
2回合わせた参加者数は12名で、そのうち普段からレッスンに参加している方が3名、初めての方が9名。そして楽器の内訳は、ヴァイオリン6名、ヴィオラ2名、チェロ3名、和楽器の笙が1名。春の開催時と比べて、弦楽器率が高まりました。
続きを読む

楽器奏者のための「構える」

「楽器を構える」ことを想像してみて下さい。

頭に浮かんだのは、自分の楽器ですか、持っている自分の手・腕ですか、それとも胴体、座るところ、演奏する曲の楽譜、舞台に立っている自分、構えたときに視界に入るお客さん、またはこれら全てを含んだ状況かもしれませんね。 続きを読む

楽器奏者のための「立つ・座る」

「立つ・座る」の姿勢や動きは毎日の生活の中で行うもので、誰にとっても大事なものです。私のアレクサンダー・テクニークのレッスンでも頻繁に取り上げる題材です。

楽器を演奏するときには、楽器や状況により、立奏または座奏、つまり「立つ」または「座る」姿勢で行うことがほとんどです。
長時間その姿勢を取り続けることが多いため、「立つ・座る」が演奏者の体の楽さ(または辛さ)や、演奏の質に与える影響は大きいと思います。 続きを読む

「楽器奏者のための 立つ・座る・構える」 2017秋開催!

楽器奏者のための 立つ・座る・構える
姿勢が変わると が変わる

音楽家、とくに楽器奏者向けのアレクサンダー・テクニーク講座を企画しました。
「立つ・座る」の姿勢バランスを見直し、カラダを意識しながら演奏することを体験します。

演奏するときに考えていることは、たくさんあります。
音楽のこと、楽譜の記述、楽器の操作、音程、リズム、合奏ならば他人の動きも。
演奏時のこんな忙しい状況の中で、
自分の体については、どれぐらいの気づきを持っているでしょうか。

楽器を構える前にもっと自分の体に気づいてみたら、どんな変化が生まれるでしょうか?
演奏中も自分への気づきを持ったまま演奏できるでしょうか?

本講座では、立っているとき、座っているときの姿勢のバランスを見直します。
そして、自分のバランスに気づきながら楽器を構えたとき、どんな違いが生まれるか試してみましょう。

続きを読む

オーケストラの本番当日にやること

先日、所属しているオーケストラの演奏会本番がありました。
何十年もやっていることだし、弦楽器の一奏者なので、大きなプレッシャーがあるわけではないけれども、やはり本番の日はちょっとした緊張感があります。
せっかくの本番の日を、練習と同じ気分でしか弾けなくなったら寂しいことなので、ドキドキやワクワクは、いつまでも持ち続けたいです。

ホールに着いてから、本番前に私がやっていることを、ご紹介します。 続きを読む

自分の可能性に出会う

何かを「すること」に焦点があたっているとき、その主体である「自分」が意識から切り離されてしまうことがあります。
定義を保留する(前回記事)ことで、新しい自分の可能性に出会うとき、やっていることから様々な学びを得られるようになります。 続きを読む

富士山を見ながら合宿

富士山を見ると心が落ち着きます。
富士山の美しさ、雄大さから、静かで力強いエネルギーをもらえるような気がします。

5月連休は、毎年恒例のアレクサンダー・テクニークの合宿で、御殿場に滞在しました。 続きを読む

アレクサンダー・テクニークを始めた頃のこと

始めたばかりの方とレッスンをしていると、「自分が始めた頃はどんなことを学んでいたのだっけ?」と思い出すことが増えました。

アレクサンダー・テクニークのレッスンに通い始めた頃の私は、特に熱心な生徒というわけではありませんでしたが、何だか良さそうだという期待を持ちながら、新しい体験を味わっていました。 続きを読む