「楽器奏者のための 立つ・座る・構える」 2017秋開催!

楽器奏者のための 立つ・座る・構える
姿勢が変わると が変わる

音楽家、とくに楽器奏者向けのアレクサンダー・テクニーク講座を企画しました。
「立つ・座る」の姿勢バランスを見直し、カラダを意識しながら演奏することを体験します。

演奏するときに考えていることは、たくさんあります。
音楽のこと、楽譜の記述、楽器の操作、音程、リズム、合奏ならば他人の動きも。
演奏時のこんな忙しい状況の中で、
自分の体については、どれぐらいの気づきを持っているでしょうか。

楽器を構える前にもっと自分の体に気づいてみたら、どんな変化が生まれるでしょうか?
演奏中も自分への気づきを持ったまま演奏できるでしょうか?

本講座では、立っているとき、座っているときの姿勢のバランスを見直します。
そして、自分のバランスに気づきながら楽器を構えたとき、どんな違いが生まれるか試してみましょう。

当日は、全員でやるワークと、個別ワークを予定しています。
人前での演奏を試すこともできます。

春にも開催しましたが、音が変わったり、カラダが楽になったりといった変化が起こりました。
他の人の音を聴いたり動きを見るのも、わかりやすかったようです。
→ 前回の様子は こちら

演奏中にやっている余分なことを見直して、自分のカラダに意識を向けると、演奏の「質」も変わっていきます。そんな自分自身の変化を楽しめる方のお申込みをお待ちしています。

演奏レベルは問いません。プロ・アマ・初心者、どなたでもご参加下さい。

★ 日時(同じ内容を予定)
   ◆ 2017年11月23日(木祝) 13:15~16:00
   ◆ 2017年12月10日(日) 13:15~16:00
★ 場所:ラトリエ by APC 渋谷駅徒歩8分
★ 定員:6名
★ 参加費:6000円

お申込みはこちら

お申込みはこちら