自分の可能性に出会う

何かを「すること」に焦点があたっているとき、その主体である「自分」が意識から切り離されてしまうことがあります。
定義を保留する(前回記事)ことで、新しい自分の可能性に出会うとき、やっていることから様々な学びを得られるようになります。 続きを読む

定義を保留する

5月の前半は、米国から来日したトミー・トンプソンさんと学んでいました。
トミーさんは、愛にあふれた先生で、心の奥に響く深いレッスンをします。

彼がいつもいう言葉に「定義を保留する」というのがあります。
私たちは、過去の経験に基づいて生きているので、物や人や自分と接するときに、先入観をもって行動することが多いです。
これを、初めて出会う物・人・自分のように接してみたら、何か変わるでしょうか続きを読む

富士山を見ながら合宿

富士山を見ると心が落ち着きます。
富士山の美しさ、雄大さから、静かで力強いエネルギーをもらえるような気がします。

5月連休は、毎年恒例のアレクサンダー・テクニークの合宿で、御殿場に滞在しました。 続きを読む

アレクサンダー・テクニークを始めた頃のこと

始めたばかりの方とレッスンをしていると、「自分が始めた頃はどんなことを学んでいたのだっけ?」と思い出すことが増えました。

アレクサンダー・テクニークのレッスンに通い始めた頃の私は、特に熱心な生徒というわけではありませんでしたが、何だか良さそうだという期待を持ちながら、新しい体験を味わっていました。 続きを読む

ヴァイオリンを楽に弾くために

ヴァイオリンを弾くとカラダに負担がかかるのはしかたない、%e3%83%94%e3%82%a8%e3%83%ad%e6%ad%a3%e6%96%b9
そんなことを言われたり、思ったりしていませんか。

肩が凝る:楽器を挟むのに力がいるから
カラダが歪む:左右非対称の動きだから
左手の痛み:指の動きの繰り返し、ハイポジションの無理な形から
右腕の痛み:弓を長時間動かし続けるから
右手指の痛み:弓の持ち方が難しいから
ヴァイオリンは難しい楽器だから、弾くのが大変なのはしかたない。。。

このような悩みは「自分のチューニング」で改善できるかもしれません。 続きを読む

ごあいさつ

横浜市都筑区内の一室で、アレクサンダー・テクニークのレッスンを始めました。20160903room

普段何気なくやっていることに、ちょっとした意識を向けてみたら、どうなるでしょうか。
いつもの動きがちょっと変わって、結果がよくなったり、気分が良くなったり。
そんな体験を積み重ね、気づきが増え、自分への信頼が増して、今よりちょっと自由な自分になっていく。 続きを読む