楽器奏者向け講座2017年秋♪終了

姿勢が変わるとが変わる! 楽器奏者のための 立つ・座る・構える
と題して、アレクサンダー・テクニーク入門講座を11月23日と12月10日の2回、渋谷にて開催しました。
2回合わせた参加者数は12名で、そのうち普段からレッスンに参加している方が3名、初めての方が9名。そして楽器の内訳は、ヴァイオリン6名、ヴィオラ2名、チェロ3名、和楽器の笙が1名。春の開催時と比べて、弦楽器率が高まりました。
続きを読む

楽器奏者のための「構える」

「楽器を構える」ことを想像してみて下さい。

頭に浮かんだのは、自分の楽器ですか、持っている自分の手・腕ですか、それとも胴体、座るところ、演奏する曲の楽譜、舞台に立っている自分、構えたときに視界に入るお客さん、またはこれら全てを含んだ状況かもしれませんね。 続きを読む

楽器奏者のための「立つ・座る」

「立つ・座る」の姿勢や動きは毎日の生活の中で行うもので、誰にとっても大事なものです。私のアレクサンダー・テクニークのレッスンでも頻繁に取り上げる題材です。

楽器を演奏するときには、楽器や状況により、立奏または座奏、つまり「立つ」または「座る」姿勢で行うことがほとんどです。
長時間その姿勢を取り続けることが多いため、「立つ・座る」が演奏者の体の楽さ(または辛さ)や、演奏の質に与える影響は大きいと思います。 続きを読む

「楽器奏者のための 立つ・座る・構える」 2017秋開催!

楽器奏者のための 立つ・座る・構える
姿勢が変わると が変わる

音楽家、とくに楽器奏者向けのアレクサンダー・テクニーク講座を企画しました。
「立つ・座る」の姿勢バランスを見直し、カラダを意識しながら演奏することを体験します。

演奏するときに考えていることは、たくさんあります。
音楽のこと、楽譜の記述、楽器の操作、音程、リズム、合奏ならば他人の動きも。
演奏時のこんな忙しい状況の中で、
自分の体については、どれぐらいの気づきを持っているでしょうか。

楽器を構える前にもっと自分の体に気づいてみたら、どんな変化が生まれるでしょうか?
演奏中も自分への気づきを持ったまま演奏できるでしょうか?

本講座では、立っているとき、座っているときの姿勢のバランスを見直します。
そして、自分のバランスに気づきながら楽器を構えたとき、どんな違いが生まれるか試してみましょう。

続きを読む

ヴァイオリン演奏時の筋肉活動

ヴァイオリンを弾くとき、どの筋肉がどれぐらい働くべきなのか、最近の計測技術による研究を探していたら、音楽科の高校生による文献を見つけました。高校生としては、かなりレベルの高い内容だと思いました。演奏でもコンクールなど実績のある方のようです。

この研究では、筋電計を用いて前腕・上腕などの筋肉活動を計測し、熟練者と非熟練者を比較しています。 続きを読む

関内で入門講座を開催しました

8月30日に、アレクサンダー・テクニーク入門講座を開催しました。
横浜関内のベルルーンカフェさんでの初開催で、テーマは「姿勢バランスを見直す」。 続きを読む

ヴァイオリン名器の秘密と科学

NHKのクラシック音楽館「バイオリン500年の物語」(7月放送)を見ました。
ジェームズ・エーネスの演奏とともに、ヴァイオリンの歴史をたどりながら、名器ストラディヴァリウスの秘密に迫るというドキュメンタリーで、おもしろい内容でした。 続きを読む

関内にて入門講座を開催します

今月末に横浜の関内にて、アレクサンダーテクニークの入門ワークショップを開催します。
直前ですがご予定の空いている方、女性限定サロンでの少人数の会ですのでお気軽にお申込み下さい。 続きを読む

右腕の力みを手放した日~ヴィヴィアン初レッスン(2)

前回のつづき)
ヴィヴィアンが、「ボーイングは良くなったわよ」と言いました。
私が、「弾き方も音も良くなったような気もしますが、自分が何をしていたのか、わかりません。」というと、
ヴィヴィアンは、「(それまでやっていた余分なことを) やらなかっただけよ
と言い、何が変わったのかは教えてもらえませんでした。

その後、「もう一度初めから弾いてみて」と言われて、プレリュードを弾き始めました。ずっと休符なく弾き続ける曲です。 続きを読む

右腕の力みを手放した日~ヴィヴィアン初レッスン(1)

ヴィヴィアン・マッキーさんは、私が大きな影響を受けたアレクサンダー・テクニークの先生です。ヴィヴィアンと出会った最初のレッスンで、私はヴァイオリンの弾き方が変わる忘れられない体験をしました。 続きを読む